シミ・肝斑 治療|浜松で美容外科・美容皮膚科ならクリニックデュソレイユへお越しください

053-585-4800

電話受付時間
AM9:30-PM6:30
土曜日
AM9:30-PM4:30
休診日
日曜、祝日または月曜

シミ・肝斑 治療

シミ治療では診断がとても重要です。なぜならばシミの種類によって治療法が異なるからです。
また一方、シミの診断はしばしば困難で、治療を進めるうちに判明することもあります。
実際には、加齢とともに顔に出現してくるシミには多種の疾患が混在しています。最近では、これらの疾患をまとめてAging Complex Pigmentation(ACP)と称し、保存療法とレーザー・光治療をうまく組み合わせて効果的で安全な治療を行うことが大切と考えられるようになってきました。
当クリニックでは老人性色素斑・ 脂漏性角化症といった単発のシミに対するレーザー治療はもちろんのこと、肝斑や遅発性真皮メラノサイトーシス(ADM)といった広範囲な病変を含むシミに対してもトータルで改善していけるようなプログラムを提供させていただきます。

老人性色素斑

image

老人性色素斑は、30歳前後から顔、コメカミ~頬あたりに発生する丸っこくて境目がはっきりした色素斑で、肝斑とともに代表的なシミの一つです。“老人性~”といっても若い人にもできるので日光色素斑とか日光黒子といった方が気分的には良さそうです。
さて、老人性色素斑はレーザー治療などで完治が期待できるシミです。なかでもQスイッチレーザーは選択的にメラニン顆粒を破壊し、ほぼ1回の治療で老人性色素斑を消すことができます。ただし、治療部分に10日間のガーゼ保護が必要で、このことがクリアできれば最も確実な方法です。
諸事情によりテープ保護が無理な場合は、IPL(フォト)治療という選択もあります。こちらはメラニン顆粒を多く含んだ細胞にダメージを与えて、表皮のターンオーバーによってそれらを排出させてシミを薄くします。完治率はQレーザーに譲りますが広範囲のシミ・くすみにはIPLが第1選択になります。お顔全体のIPLに加えて特に気になる部分へのQレーザー治療という組み合わせも可能です。
部分的なシミ治療に特化したIPLハンドピース~アキュティップ~はガーゼ保護が不要で直後からメイクも可能です。

症例

image

Before

image

After

Qレーザー・アキュティップの料金はこちら。

肝斑

肝斑は30歳代後半ころより両側の頬にほぼ左右対称に発生する茶色の境界明瞭なシミの一種でアジア系女性には軽度のものを含めればごく普通に存在するシミです。まれに男性にもできます。頬に地図状に広範囲に広がったり額や鼻下に発生することもありますが頬部に散発することもあり、治療前に老人性色素斑との区別が難しい場合があります。
肝斑の発生する原因は不明ですが、日焼けや機械的刺激・妊娠や経口避妊薬内服で増悪することが知られており、また、Qレーザーや強力なIPL(フォト治療)でも照射部位に肝斑の素因があった場合に明らかなシミとして発現するため治療が困難なシミの一つといわれています。
肝斑に対しては通常“保存的治療”が第1選択となります。すなわち日焼けや機械的刺激を避け、美白作用・抗炎症作用を有する薬剤の内服(あるいは注射)をおこないます。機械的刺激は洗顔・化粧・マッサージなど普段の生活習慣に組み込まれている場合が多く、意識的に刺激をしないように注意が必要です。 3~6ヵ月の“保存的治療”のみである程度の改善が期待できますが、そこから先の改善度合いは非常にゆっくりで、肝斑治療の1クールは2~3年といわれています。アジア人種である以上、現時点では肝斑をできなくすることは不可能です。いったん改善した肝斑も放置すれば再燃してきますので、その後のケアも大切です。
肝斑の新しい治療法“レーザートーニング”は、肝斑の原因をなくすことはできませんが肝斑が改善するまでの時間を大幅に短縮します。・・・積極的無治療、“保存的治療”に加えて肝斑治療のための新たな選択肢があります。

Qレーザー・アキュティップの料金はこちら。

おすすめ治療

PAGE TOP